ニッケンホーム

  1. HOME
  2. 住まいづくりのコラム
  3. 平屋住宅
  4. もう収納場所に困らない!平屋の収納アイデア

住まいづくりのコラム

納得の住まいづくりに
役に立つ情報をお届けします。
家づくりの参考に是非お役立てください。

もう収納場所に困らない!平屋の収納アイデア

平屋の魅力は、無駄のないコンパクトな間取りで広々と暮らせること。移動の負担が少なく、快適な生活を過ごすことができます。なお、無駄がない分だけ収納スペースをどこに作るか迷ってしまうこともあるかもしれません。それでは、平屋で十分な収納スペースを確保するためにはどのような工夫をすればよいのでしょうか。

灯台下暗し! 間取りを圧迫しない床下収納

床下収納は、間取りを圧迫しない収納です。特に、備蓄品を収納するときに重宝します。例えば、非常用のミネラルウォーターや缶詰、レトルト食品などです。キッチンに置いておくと邪魔になるようなものを綺麗に収納することができます。買い貯めができるようになり、買い物の手間も省けるようになります。ただし、床下収納は湿気がこもりやすいので、保存が効くものを収納するようにしましょう。

十分なスペースを取った床下収納であれば、トイレットペーパーやティッシュなど日用品を備えておく場所として活用できます。また、扇風機やヒーターなど季節家電を収納する場所としても活用できます。さまざまな使い道があるので、平屋の建築を依頼する際には検討してみましょう。

子どもも大人も喜ぶ? ロフトと小屋裏収納

平屋は1階建てになる分だけ、高さにゆとりができます。そのスペースを収納として利用する手段がロフトと小屋裏収納です。

ロフトは、普段利用しないものを置いておくスペースとして役立ちます。ただし、重いものや硬いものを置いておくと落下することも考えられるので、注意が必要です。洋服であったり布団であったりと、落下してきても危険性がないものを置いておくようにしましょう。

屋根裏部屋という俗称で親しまれている、小屋裏収納。平屋であってもスペースを確保しやすく、収納スペースとして重宝します。こうした屋根裏部屋は、お子様の遊び場所としても利用できるスペースとなっています。もちろん、お父さんの書斎やワークスペースとしても利用できます。子どもにも大人にも嬉しいスペースとなるのです。さらに、勾配がある屋根はソーラーパネルを設置するのにも適しています。家族だけでなく、地球にもお財布にも優しい住まいが造れるのです。

プライバシーも守れる! 間仕切り壁

リビングに間仕切り壁を1つ設置するだけで、収納や作業に適した便利なスペースができあがります。

リビングは生活の基板となる重要なスペースでもあり、来客を迎え入れるスペースでもあります。リビングには通勤・通学など外出の際に必要な道具を置いておくと便利です。しかし、来客時に雑多なものが溢れかえっていると、少し気まずい思いをしてしまうかもしれません。そのリビングに間仕切り壁を設置して死角を作れば、その問題は解決します。

間仕切り壁の向こうには、通勤・通学用品であったり、アイロンなどの家電だったりを置いておけます。急な来客時にも簡単に片付けができます。また、鏡面台を置いておくと化粧など身だしなみを整えるスペースとしても利用できます。

来客時にも焦らずに済む! シューズクロークでスッキリ収納

平屋を建てるときには、玄関の収納についても考えておきましょう。玄関は、靴や傘、子どもがいる家庭ではベビーカーなどを置いておくスペース。どうしても、ごちゃごちゃとしてしまいがちです。玄関は来客を迎え入れるときに初めに見られる場所でもあるので、綺麗にしておきたい部分です。

省スペースでの収納を考えるときには、シューズクロークが便利です。少し間取りに影響を与えますが、その利便性については折り紙つきです。靴や傘などはもちろん、スポーツ用品や外出時に必要な道具をまとめてすっきりと収納することができます。広さによっては、自転車を収納しておくスペースとしても活用できます。

ドアを引き戸タイプにすれば、普段は開けておくことで気軽に出入りができるようになり、来客時には引き戸を閉めるだけですっきりとします。

シューズクロークはどうしても湿気が溜まりやすくなるので、その点に留意し、窓や換気扇を設置しておきましょう。除湿グッズもあわせて置いておくと、湿気に関する心配はなくなります。

デッドスペースにサヨナラ! 便利な収納家具

冷蔵庫の横やベッドの下などには、デッドスペースが生まれがちです。そのような場所には、キャスター付きの収納家具を用意しましょう。キャスター付きの収納家具があれば、必要なときに必要な道具を楽々取り出すことができ、掃除をするときにも邪魔になりません。このような家具を購入するときには、しっかりと寸歩を測ってからお好みのものを選びましょう。

部屋のコーナー部分には、コーナーラックを置いておくと便利です。間取りを圧迫することなく、収納としてもインテリアとしても楽しむことができます。部屋の雰囲気にあったものを選ぶようにすると、より一層、統一感が生まれます。

収納スペースの"一工夫"で暮らしが変わる

平屋は収納スペースが少ないといわれますが、建築を依頼する際、もしくは家具を選ぶ際にきちんと考慮すれば、十分な収納スペースが確保できます。平屋の注文住宅を依頼する際には、"一工夫"を考えてみましょう。

住まいづくりのコラム一覧へ戻る