愛知県一宮市の注文住宅ならニッケンホームへ

  • 耐震診断無料
  • 設計図無料
  • お見積り無料
TEL.0120-24-9292
NEW!ニッケンホームのアプリ
Google Play
App Store
メニュー
  1. HOME
  2. 住まいづくりのコラム
  3. 住宅選びのポイント
  4. 良い土地を先に発見!住宅ローンを組むことは可能?

住まいづくりのコラム

納得の住まいづくりに
役に立つ情報をお届けします。
家づくりの参考に是非お役立てください。

良い土地を先に発見!住宅ローンを組むことは可能?

将来的に注文住宅を建築したいと考えている場合、まだ具体的なことが決まっていないなかで気に入った土地が見つかることもめずらしくありません。その際は、ローンを組んで土地だけを先に購入することができます。しかし、土地を先に購入する際には、注意しておく点がいくつかあります。ここでは、土地を先に購入する場合において、知っておくべきポイントをご紹介します。

住宅ローンは適用できるか

注文住宅を建てる場合、土地を先に購入し、その場所に後々住宅を建てるというのが通常の手順となります。なぜなら、注文住宅はマンションや建売住宅のように、土地と住宅がセットで販売されているわけではないからです。土地を先に購入する場合、なかには現金で一括購入する方もいらっしゃいますが、多くの方がローンを組んで購入します。

住宅を建築する場合に限り、土地の購入代金に住宅ローンを適用することができます。しかし、住宅ローンの適用は、住宅が完成していることが大前提となります。そのため、土地を購入してから住宅を建築するまで期間が開いてしまうという方は、土地だけのローンを長く支払うことになってしまいます。

どんなローンがあるのか

土地に関するローンには、"土地先行融資"や"つなぎ融資"と呼ばれるものがあります。それぞれがどのような内容になっているかをご紹介します。

・土地先行融資土地先行融資とは、住宅を建てることを前提に土地代金を先に融資してもらう投資方法です。土地や建物に関する資料を提出した後、借り入れる予定金額から審査が行われることになります。融資の審査は一括で行われ、審査に通ると土地融資を受けることができます。さらに、住宅が完成した時点から建物分の融資を追加してもらうことができます。

・つなぎ融資つなぎ融資とは、住宅ローンの融資が開始されるまで一時的に借り入れを行うことです。住宅ローンを組む金融機関に依頼することで、融資がスムーズに進みます。しかし、全ての金融機関でつなぎ融資を取り扱っているわけではないため、まずは対応している金融機関を探すことが重要です。もし、住宅が完成した時点で借入分が残っているなら、住宅ローンと一本化して借り換える手段を講じましょう。この方法により、住宅ローン控除を受けることができます。

注意するべきポイント

土地だけを先に購入する場合には、いくつかの注意点があります。

・建築プランがカギ土地に関するローンを組む場合には、住宅を建設することが前提となります。そのため、住宅の建築プランが全く決まっていない状態では、金融機関から渋い顔をされてしまうことが予想されます。建築プランや見積もりなどを先に準備しておくことで、スムーズにローンの審査に入ることができるのです。

もちろん、これらはケースバイケースです。建築プランがなくても、金融機関によっては、"1年以内の建築が条件"、"5年以内の建築が条件"といったように異なる条件を提示して融資をOKしてくれることがあります。これらは、都市銀行や地方銀行、支店などでも変わってくるため、色々な金融機関をリサーチしておくことが大切です。

・自己資金の用途自己資金があるなら、土地代金と諸費用にまわすことが大切です。自己資金を住宅の建築費用にまわそうと考える方もいらっしゃいますが、住宅の借り入れに関しては金利面で優遇措置のある住宅ローンを利用できます。土地のローン金利は住宅ローンよりも高いため、借入額をいかに減らすかが重要となってきます。そのため、工事着手金といった最低限かかる住宅の諸費用だけをとっておき、残りを土地の購入代金に配分するというのが得策です。

・名義に注意土地と住宅を別に購入する場合、名義を別々にせず統一することが大切です。片方だけにしか名義がない方は、ローンを一本化した際に住宅ローン控除を受けられなくなってしまいます。

・二重ローンすでに住宅ローンを組んでいる、またはその他のローンを組んでいる場合、二重ローンになるため新たにローンを組むことができない可能性があります。あらかじめ調べておくことが大切です。

翌日からの着工が理想的

ローンを組んで土地を先に購入する場合、住宅の着工が遅れれば遅れるほど支払いに追われることになります。住宅が完成していなければ住宅ローン控除を受けることができず、ローンにプラスして家賃などを長い間支払わなくてはならないためです。総費用を抑えたいと考えるなら、なるべく早く住宅を建てましょう。購入した翌日から着工を開始することが理想的といえます。

住宅ローン控除を受けるため

気に入った土地を見つけたら、まずはそれをベースに施工会社に建設プランや見積もりを作ってもらいましょう。ローンの審査を受け、融資の承認が取れれば購入することができます。注文住宅を購入しようと検討しているなら、以上の内容を参考に、手続きを進めていくことが大切です。

ニッケンホームでは、住宅ローンセミナーを行っています。何もしないと損をする場合や、住宅ローンの支払い方を工夫するだけで、260万円ほど得する話など住宅ローンを楽して返済できる秘密をお伝えします。ぜひともご参加下さい。

住まいづくりのコラム一覧へ戻る