住まいづくりのコラム

納得の住まいづくりに
役立つ情報をお届けします。
家づくりの参考に是非お役立てください。

住宅選びのポイント暮らし方
2021.07.23

自分にぴったりなキッチンを考える!

住宅の中でも使用頻度が高くこだわりたいのがキッチンです。一昔前とは違い、最近は魅せるキッチンとしてオープンで広々としたキッチンにする家庭が増えています。

また、新型コロナウイルス感染症の流行から、在宅で仕事を行っていたり、外食を自粛する家庭も増えており、自宅のキッチンを活用する場面が多くなっています。

キッチンの使い勝手が良ければ、自炊もストレスがなくすることができますし、お子さんや夫婦など家族で、楽しく料理をすることができるでしょう。

住宅のキッチンの役割は以前よりも重要になってきていますし、家族のコミュニケーションが取れる場所としての存在意義も高まっています。

今回は自分らしく使い勝手が良いキッチンを作ることを目指して、住まいを考えるヒントを探っていきたいと思います。

 

壁付け型のキッチンは空間を広く使える

料理は家事の中でもかなりの時間を占めるので、居心地がよく効率の良いキッチンにしたいですよね。現在はキッチンの間取りも多様化しており、個々の家庭で好みや使い勝手などに合わせたキッチンが取り入れられています。

キッチンには壁付け型やペニンシェラ型、アイランド型などがあり、その形状によって使い勝手や空間の印象が変わってきます。

壁付け型は、名前の通り壁にキッチンを設置する間取りとなります。以前の日本の住宅では、壁付型のキッチンは一般的でした。

壁付け型のメリットとしては、壁に面して設置されているのでキッチン周りのスペースを有効活用することができる点です。キッチンに面したダイニングやリビングのスペースを広く取ることができるので、限られたスペースを広く使うには有効です。

また、壁付け型のキッチンは目の前が壁になりますので、余計な情報が視界に入ることが少なく、料理に集中することができるという特徴もあります。リビングのテレビが見えたりすると、集中力が欠けてしまうので、集中して家事を行いたい方には良い間取りとも言えます。

一方で、リビングやダイニングにいる家族に背を向けながらの作業となってしまうので、コミュニケーションが取りにくいというデメリットがあります。

 

キッチンカウンターの横が壁に接したペニンシェラ型キッチン

ペニンシェラ型は、キッチンカウンターの左右のどちらかが壁に接しているキッチンとなります。壁付け型とは違って、キッチンの前には壁がなく、横にだけ壁があるので開放感のある空間になります。

料理をしていてもダイニングやリビングの様子が自然と視界に入ります。子供の様子を見守りながら家事を行うことができますし、来客時にはお客さんと会話をしながらおもてなしをすることもできます。

また、ペニンシェラ型は壁側にコンロを設置することで、調理中の油ハネや汚れの飛び散りを壁で受け止めるように対策することができます。料理の油などが飛び散ると周囲の床を汚してしまい、その上を家族が歩けば家全体に汚れを広げてしまうことになります。

コンロ側に壁があることで汚れの拡散を防止できるので、結果的に家事がラクになるでしょう。

動線の良さと開放感が魅力なアイランド型キッチン

アイランド型キッチンは、他のキッチンでは得られない動線の良さと開放感、存在感があります。メーカーのショールームや雑誌などでも、アイランド型のキッチンは大きく取り上げられることが多いです。

アイランド型は、キッチンの周りに壁がないので前後左右がオープンな空間で、左右のどちらからでもキッチンにアクセスができます。抜群に動線が良いので料理したものをダイニングに運ぶときも負担が少なくラクに行うことができます。

また、360度どこからもキッチンを使うことができるので、複数人で料理をする場合にも効率的に作業ができます。家族が料理を手伝う時もそうですが、友人たちとパーティーをする時も料理のサーブなど手伝いやすいキッチンと言えるでしょう。

自宅で料理教室を開きたい方にとっても、アイランド型キッチンは魅力的です。周りをぐるりと囲んで作業を見ることができるので、料理教室の生徒たちも料理を見やすい環境になります。

子育て世代は家電を置くスペースが多いキッチンを

子育て世代のキッチンは、家電を置くスペースを多く設けると良いかもしれません。子どもを育てながら家事を行うのは負担が多く、時短ができる家電を使いたい方も多いでしょう。

特に共働きの世帯は、時短家電を多く利用して効率的に料理を行う方が増えています。電子レンジや炊飯器は当然ですが、電気圧力鍋や真空保温調理器など自動で調理ができる家電も増えてきました。全自動のコーヒーメーカーなどもコーヒー好きには便利です。

そうした家電を置くスペースやコンセントの数を設計時に考慮しておくと、効率的なキッチンができるでしょう。

住まいづくりのコラム一覧を見る

住宅選びのポイント 暮らし方 についてのその他のコラム