住まいづくりのコラム

納得の住まいづくりに
役立つ情報をお届けします。
家づくりの参考に是非お役立てください。

住宅工法暮らし方
2020.05.11

リビングに収納があると片付けもラクちん

住宅の中で家族が利用する頻度が高いリビングは、モノが色々と集まり、乱雑な状況に陥りやすいです。ただ、リビングは来客があった時のことも考えると、いつも整然とした状態にしておきたいですよね。

また、日々の暮らしの中で整理整頓されている方が気持ちよく過ごせますし、子どもの教育にもキレイに片付けられた状態が適しているでしょう。

散らかる理由としては、単純にモノが多すぎるケースもありますし、収納する場所がないために散らかっているケースもあります。家族が増えたり子どもの成長に伴い、必要なモノが増えてくるのは自然なことです。

注文住宅で間取りを考える上では、収納についても計画的に考えると良いでしょう。そこで提案したいのがリビングの近くに収納を作ることです。

リビングに隣接した部屋に収納を設けても良いですし、リビング内に収納場所を確保するのも1つの方法です。

一番長く過ごす部屋からアクセスしやすいことがポイント

リビングは家族が集まる憩いの場所で、過ごす時間も長いです。そのリビングから動線が短く効率的にアクセスできる所に大きな収納スペースがあると、とても利便性の高い住宅になるでしょう。

各自の私物は自分の部屋に収納することが前提になります。各自がリビングにある収納を使いだすと、いくら収納スペースがあっても足りません。リビングの収納は、家族みんなで使用するものや季節用品、行事等に使うもの、スポーツ用品など、各自の部屋だけでは収納が難しいものなどを収納することに限定しましょう。また、使う頻度が低い物は、リビングの収納ではなく物置等にしまうなど、収納するモノを仕分けして考えると良いです。

玄関や階段下、クローゼット、物置など様々な場所に収納スペースがありますが、リビングの収納の特徴は使い勝手が良いところです。みんながすぐに手に取れるので、できる限り使用頻度の高いモノを収納した方が利便性は高いです。

すっきりしたリビング収納にするには

リビングに収納を設ける時は、間口の狭いクローゼットを設けるだけでも利便性が高まります。その時に可能であれば、できる限り奥行きを広く取ると収納力もアップしますし、クローゼットの間口が狭い分、リビングもすっきりした見た目にもなります。

また、収納内部には棚を設置した方が空間を有効活用しやすいでしょう。高さを利用できると収納力は格段にアップします。棚を設けることで、書類や筆記用具、子どもの遊び道具など細々したモノも収納しやすくなります。

棚を設置する以外にも、ハンガーポールを取り付けることで高さを利用して収納スペースを確保することができます。

毎日使用する掃除機やカーペットクリーナーなどのお掃除グッズも、リビングに収納できると便利です。リビングで使用する頻度が高いお掃除グッズですが、あまり他人の目に触れたくないものですので、リビング内で見えないように収納できるとすっきりした空間にすることができるでしょう。

デッドスペースを有効活用すると間取りもシンプル、収納力もたっぷり

リビングの収納だけでなく、住宅全体に言えることですが、デッドスペースを有効活用した収納を考えると、収納力を高めることができますし、間取りもシンプルでスペースに無駄がなく効率的に利用することができます。

例えば、階段下の空間、屋根裏に収納スペースを設けたり、有効活用できる空間を収納スペースにすることで、有効活用できます。

また、動線を考えた収納を意識することも必要でしょう。学校から帰ってきた子どもはボールやバットなどの遊び道具をしまい、手を洗いに行きます。仕事から帰ってきた大人たちは、まっすぐ手を洗いに行った後にすぐ着替えるかもしれません。そうした家族の行動パターンを考えて、玄関に土間収納があった方が便利だったり、洗面所に部屋着の着替えを置く収納場所を確保した方が、動線は効率的になるかもしれません。

さらに、キッチンも収納スペースが多くあった方が便利です。最近は食品庫としてパントリーを設ける方も増えてきました。1畳くらいのスペースであっても、パントリーはとても便利ですので女性からの人気は高いです。

収納に関しては、多ければ多いほど使い勝手の良い住宅になると言われることが多いです。ただ、収納も最適な場所に必要なスペースを設けなければ、使い勝手の悪い収納となってしまい、不要な物が詰め込まれるだけのスペースになる可能性もあります。

ニッケンホームの大収納空間「蔵のある家」は、住宅内に蔵を設けた商品です。その他にも、こだわりの収納について多くの実績がありますので、ぜひご相談ください。

住まいづくりのコラム一覧を見る

住宅工法 暮らし方 についてのその他のコラム