愛知県一宮市の注文住宅ならニッケンホームへ

  • 耐震診断無料
  • 設計図無料
  • お見積り無料

耐震診断・設計図・お見積りを
無料で承っております。

TEL.0120-24-9292
メニュー
  1. HOME
  2. 住まいづくりのコラム
  3. 住宅選びのポイント
  4. 土地の契約前にチェックするポイント!

住まいづくりのコラム

納得の住まいづくりに
役に立つ情報をお届けします。
家づくりの参考に是非お役立てください。

土地の契約前にチェックするポイント!

住宅を建てる時に土地探しにご苦労している方も多いと思います。
予算も関係してきますし、希望するエリアに土地が出てくるかも分かりません。
良い土地が見つかったと思っても、実際には自分たちのライフスタイルと異なった土地だったり、周辺の環境が悪かったりと希望に沿わない土地だったりもするでしょう。
土地の購入を決める前に自分たちが買うべきではない土地だと気が付けば良いのですが、なかなか気がつくのが難しい面もあります。
土地を契約してから、契約を解約するのは違約金や手付金の放棄といった金銭的に大きな負担が必要になります。
また、一度結んだ契約の解除といった手続きや売主側とのやり取りを行うのは精神的にも気持ち良いものではありません。
住宅を建てるのも土地を購入するのも大きな資金が必要な話になるので、土地選びで失敗したと思う前に事前にリスク回避してマイホームを手にしましょう。
土地を契約する前の再チェックポイントを確認したいと思います。

チェックポイント1 周辺環境は大丈夫?

お子さんが通う小学校や中学校といった校区の情報も調べ、お父さんの通勤経路も考え土地を選ばれているはずです。
ただ、見落としがちな情報として周辺の環境が実際に住んでみたら違った…ということもケースとしては多いです。
お休みの土日や日中に土地探しで現地を見に行くことが多いですが、昼と夜の時間帯の違いや平日と土日、祝日の環境の違いが意外と大きい地区もあります。例えば近くに工場や倉庫があるエリアでは、平日の朝や夕方は大型のトラックの出入りが想像以上に多い場合があります。小学生低学年が一人で学校に通学する上では心配になってしまうこともあるでしょう。
昔住んでいたことがあるエリアなど土地勘のある場所であれば良いのですが、そうでない場合には土日の昼間だけでなく、平日の朝方や夕方、夜といった時間帯を変えて周辺環境の違いを調査するのも必要です。

チェックポイント2 利便性は本当に良い?

土地を探す時に最寄り駅など公共交通機関の利便性を重視して探される方もいらっしゃいます。
特に若くて夫婦で共働きをしているような世帯では、できるだけ通勤するのに利便性の高い場所を選びたいものです。しかし、交通環境が良くても本当に生活する上で利便性が高いでしょうか。
例えば、日常的な買い物をするお店は揃っていますか。スーパーが駅前にあっても、満足できる品揃えや品質の商品が揃うスーパーでしょうか。駅前に24時間や夜遅くまで開いているスーパーもありますが、生鮮食品の管理があまり良くなく結局遠くまで買い物に行っている家庭もよく見かけます。
ご自身のライフスタイルの中で、交通機関も重要だと思いますが生活を想像した時に他の部分も重要度が高いものがあるかもしれません。
また、保育所や公園などが近いかも子どもがいる家庭にとっては大きな要素です。
駅から徒歩圏の場所に住宅を建てながら、通勤前に保育園へ子どもを預けるために車で送り届け、家に車を置いてから出勤している家庭もあります。
駅の近くだと子どもが遊べる公園も小さいところしかなく限られているので、子育て世代にとってはあまり良い環境ではなかった失敗例もあります。
不動産会社も土地情報に最寄り駅○分など大きく利便性を主張していますが、ご家庭で生活することを想像した中で、他にも優先すべきことをしっかりと考え整理すると良いでしょう。

チェックポイント3 実際に周辺を歩いてみましょう

土地を視察する時はいくつか一気に物件を見てまわることも多いですし、土地を見た後に建物の打ち合わせが入っているなど、車で現地まで行って車で帰ることの方が多いかもしれません。
土地の前では車から降りて周囲の環境をチェックするかもしれませんが、実際にそこに住んだ気持ちになってあちこち歩いてみると意外な発見があると思います。土地を契約する前に周辺を色々と探索して歩くことはしましたか?
実際に住むことになったら利用する最寄り駅やバス停まで歩いてみたり、買い物を行う予定のスーパーまで歩いてみたり、お子さんが通う予定の学校まで一緒に歩いてみるのも良いでしょう。
悪い発見もあるかもしれませんが、実際に歩きながら周辺の状況を把握することで、逆にそこの土地の魅力も見つけられます。
住宅街の中にポツンと美味しそうなお店が近くにあったり、立ち寄った公園で子供達が楽しく遊んでいたり、そうした魅力も事前に感じられるとますます家づくりが楽しくなります。実際に歩いて得た情報から、さらに住まいや建物の間取りなども変更したくなるかもしれません。
歩いてみて発見したマイナス面とプラス面を総合的に判断して、ここの土地で良いかどうかを決めると契約をしてしまってから後悔するようなことは避けられるでしょう。
土地の周辺を歩いて情報収集と希望している環境やライフスタイルと食い違いがないか確かめましょう。

住まいづくりのコラム一覧へ戻る