間取りを考える上でのポイントについて|愛知・一宮の注文住宅はニッケンホーム

愛知県一宮市の注文住宅ならニッケンホームへ

  • 耐震診断無料
  • 設計図無料
  • お見積り無料

耐震診断・設計図・お見積りを
無料で承っております。

TEL.0120-24-9292
メニュー
  1. HOME
  2. 住まいづくりのコラム
  3. 住宅選びのポイント
  4. 間取りを考える上でのポイントについて

住まいづくりのコラム

納得の住まいづくりに
役に立つ情報をお届けします。
家づくりの参考に是非お役立てください。

間取りを考える上でのポイントについて

間取りを考えるのは、住宅を建てる時に1番楽しみな時間という人も多いと思います。
広いリビングを考えてみたり、趣味の部屋を作ったり、吹き抜けのある玄関にしてみたりと夢が広がります。
自分らしさを表現して、ちょっとした遊び心を用いた住宅を考えてみるのも楽しいですよね。
また、そうした自分たちの趣味や夢を間取りに盛り込んで行くのも良いですが、そこの住宅で何十年と毎日住むことになりますので、使い勝手の良さの面でも間取りを考える必要があります。
間取りを考える上でのポイントについて一緒に考えてみましょう。

趣味の部屋や吹き抜けのあるリビングなど夢を広げて

間取りを考える上で、まずは夢を押さえつけないで広げて行くことがポイントです。
というのも、住宅を建てるのは多くても生涯に一度や二度が一般的です。
そんな貴重な機会に自分の作りたい住宅の夢を胸に秘めて建ててしまうとどうでしょう。
住宅ができた後に「やっぱり自分一人が使える趣味の部屋を作りたかった」と後悔しても住宅を建て直すことはなかなかできません。
後悔の念を常に抱えてマイホームに暮らすことになってしまうと、とても悲しいことになります。
そのため、まずは現実的かどうかは別として自分が住みたい間取り、家族が喜ぶ間取りの夢を広げて行くことが重要です。
希望に関しては土地の形状や予算、建物の構造上難しいことも出てくることもありますが、その場合はどうすれば希望に近い住宅になるかを担当者と打ち合わせして行き、理想に近い間取りに調整していくと良いでしょう。

広いと開放感が生まれますが予算の問題も出てきます

当然のことですが、広い間取りにするととても開放感のある住宅ができるでしょう。
空間は広ければ広いほど、家具も置けますし子供たちも走り回って遊ぶこともできます。
部屋数が多ければ趣味の部屋も客間も設けることができますが、その一方で建設費用は面積が増えるにつれて増加します。
常に予算と間取りの広さを見比べて、無理のない予算の中で間取りを考えて行きましょう。
また、間取りを広く部屋数も多くしていくと、冷暖房費や電気代も比例して増えて行きます。
小さな部屋の方が効率的に室内を暖めたり冷やしたりすることができます。
部屋の用途をしっかりと吟味した上で、その部屋が本当に必要なものなのか、または部屋の面積を小さくしても差し支えない部屋ではないかなど、住んだ後の光熱費も含めた金銭面についても気にして検討してみましょう。

生活する上での目線も重要

夢や希望を出し切ったら、次は生活をする上での視点も間取りに反映させていきましょう。
プランニングを手伝ってくれる担当者は上手にヒアリングをしてくれると思いますので、それにしっかりと応えて生活上でも使い勝手の良い住宅を目指しましょう。
料理が好きなご家庭では、キッチンへの動線がシンプルで動きやすくすることで家事が楽になるでしょう。
また、住宅内に仕事場を作る時は、1日の中で一番出入りをする空間が仕事場の部屋かもしれません。
その部屋が玄関から近くにある方が効率的で家族も落ち着いて生活できるかもしれません。
部屋の用途や使う頻度など、家族の動きなど実際に生活することを考えて間取りを作り上げて行くことで、使いやすい間取りになるでしょう。
実際の生活の動きになると、住まわれるご家庭でそれぞれ個性や住まい方が出てきます。
間取りを考える上でご自身も、頭の中や図面上で家族の一日の動きをしっかりと想像して導線を考えると、より精度の高い間取りを作ることができるでしょう。

ドアの開閉まで考えるとさらに完璧ですが、変更等は早めに担当者へ

生活動線を組み込んだら、ドアの開く向きなど細かな部分も気になるところがあれば早いうちにプランナーの担当者に伝えましょう。
これは些細なことではありますが、子供部屋はドアが開けたときに部屋全体がすぐに見渡せるようにしたいとか、ドアを開けてもクローゼットの出っ張りなどを利用して上手くプライバシーが保てるようにしたいなど、こだわりたい部分があれば早めに伝えた方が良いです。
間取りを考える上で何でもそうですが、間取りが確定して行った後に追加や変更を行うと、今まで検討してきたものを変更しなくてはならないことも出てきます。
間取りの変更ができる段階であれば変更は大丈夫ですが、今まで打ち合わせてきた内容が白紙になってお客様の時間を無駄にしてしまうこともあるでしょう。
国の補助金等を申請する場合などはスケジュール上の締め切りもありますので、最悪補助金が出ないこともあります。
そうした不利益を避けるためにも、途中で気が付いたり思いついたりした内容も、できるだけ早めに担当者と共有することが重要です。

まとめ

住宅を建てるときに間取りを考えることや設備や内装を選んで行くことは本当に楽しい時間です。
悔いが残らないように夢や希望を全て出し切って理想に近い住宅を建てましょう。
一方で間取りによって予算も大きく変わりますし、諦めないといけない部分や縮小しないとならない部分も出てきます。
必要なことは理想に近い住宅にするための方法を考えることです。一番大切にしていることを把握して、家族が暮らしやすい住宅を手に入れましょう。

住まいづくりのコラム一覧へ戻る