愛知県一宮市の注文住宅ならニッケンホームへ

  • 耐震診断無料
  • 設計図無料
  • お見積り無料

耐震診断・設計図・お見積りを
無料で承っております。

TEL.0120-24-9292
メニュー
  1. HOME
  2. 住まいづくりのコラム
  3. 住宅選びのポイント
  4. 20代で住宅を購入するポイント

住まいづくりのコラム

納得の住まいづくりに
役に立つ情報をお届けします。
家づくりの参考に是非お役立てください。

20代で住宅を購入するポイント

20代のうちに住宅を購入すると、早くに住宅ローンの返済を開始できるメリットがあります。
若いうちに住宅を購入してしまえば、住宅ローンの返済年数も自分の年齢を考え、無理のない期間と返済金額に設定することができるでしょう。
その一方で、長期の住宅ローン返済になりますので、毎月毎月、固定の金額を返済として支払わなければなりません。その返済リスクを抱えるリスクも生まれます。
若いうちに住宅を購入するときに、どのようなポイントを押さえた上で、住宅を選びローンの返済を捉えていけば良いのかをチェックしていきましょう。

20代で住宅を購入すれば早期から資産形成ができる

住宅は人生の中で一番高い買い物と言われています。
土地と建物、マンションと言った不動産を購入する場合は数千万円から数億円の住宅と本当に高額な買い物になります。
こうした住宅は、若いうちから住宅ローンの返済を始めることができれば、若いうちから資産形成を始めることができます。
若いうちから返済を始めることができれば、同じ返済年数であれば早いだけ返済を完済することができるメリットがあります。
住宅ローンの繰り上げ返済を行なって最終的に定年前に完済することができれば、老後の生活も楽になるでしょう。
そうした資産形成を早めに取り組むことができるのは、年齢が若い方がメリットが大きいです。
最近は将来的なことをしっかりと考える若い方も多く、自分たちの老後の生活も見据えた住宅購入を今から考えて住宅を購入している20代も多いのは事実です。

確実に返済できることが大前提

住宅を購入することを検討する場合、多くの方が住宅ローンの利用を検討するでしょう。
住宅ローンをいくらまで借り入れができるかも気になるところですが、実際に購入を行った後の返済計画もしっかりと考えなければなりません。
住宅ローンは20年、30年、35年と長期間のローンを組めることができるので、返済年数を伸ばすことで毎月の負担を少なくすることが可能です。
ただ、返済年数を長くすれば金利負担はどうしても大きくなってしまいます。
そのため、できるだけ返済期間を短くして借り入れを行おうと計画する方もいらっしゃいます。
30代後半や40代以降の方々が住宅を購入する場合は、返済年数を短く考えるのも1つのメリットがあると思います。
あまり長い年数で住宅ローンの返済を組んでしまうと、定年以降の支払いが残ったときに生活が苦しくなるからです。
逆に20代の方々は、まだ年齢が若い分、返済年数を長くして定年いっぱいまで返済を行なったとしても返済年数を長い期間取ることができます。
一方で年齢が若い分、これから結婚することもあるでしょうし、子どもが生まれて共働きができなくなる可能性もあります。
また、転職など現在の会社とは別の職に就いたり、はたまた将来的に独立を考えることも出てくるかもしれません。
そうした家族の変化や収入の変化が出た時に、長期間固定される返済金額が少しでも抑えられていた方が柔軟な対応ができるでしょう。
20代はまだまだこれから色々な可能性を秘めている分、少しでもゆとりを持った返済計画が後々の生活の変化に柔軟に対応ができます。
また、事前にワークライフスタイルの変化が予測できる場合は、それに合わせた返済を組むと良いでしょう。

支払う金利が気になれば、繰上げ返済の手段も

住宅ローンの返済年数を伸ばすと色々と人生の転機のリスクは減らせるかもしれませんが、「高い金利を支払い続けるのはちょっと…」と思う方もいると思います。
そんな方は、繰り上げ返済も手段の1つとしてあることを考えてみてください。
住宅ローンは、1度借り入れをしてしまうと、「やはり月々の返済がきついから返済年数を伸ばしたい」と後から思ったとしても、すぐに変えることは難しいですし手数料や煩雑な手続きなどが必要になってきます。
金利の面を考えるのであれば、長め返済期間に設定することで毎月の返済金額にゆとりが出ると思います。
そのゆとり分を貯蓄していき、ある程度貯まったら繰り上げ返済に充てるのも1つの手段です。
繰り上げ返済を行えば返済期間中に支払う金利が圧縮されていきますので、そうした運用も先行きを見通した返済計画として使えるでしょう。

まとめ

20代で住宅を購入する時には、住宅ローンを利用してマイホームを手にいれるケースが多いでしょう。
若いうちから住宅を手に入れることは、老後の住宅費用を圧縮もできます。
定年後の年金や貯蓄を生活費用や旅行などに充てることができれば、充実した老後生活を送ることも可能です。
その一方で住宅ローンは返済のリスクをどうしても避けることができません。
若いうちには、今の会社を辞めて新しい職種や業界へチャレンジしたい、学校に入り直して資格を取りたいなど職業に関して変化が訪れる可能性もあります。
また、結婚や出産などで一時的に収入が下がることも十分ありますので、そうした時に返済が滞らないようになるべく長めの返済期間を設定することで、毎月の返済金額を抑えることができ、返済リスクを回避することができるでしょう。
20代のうちに住宅を購入すればメリットも大きい分、返済計画は柔軟な対応ができるように検討すべきです。

住まいづくりのコラム一覧へ戻る