スタッフブログ

家づくりのこと
2022.07.19

注文住宅の建物価格を抑えるポイント

こんにちは、ニッケンホームです。

注文住宅を建てる際、性能やデザインもさることながら、価格も重要なポイントとなることは言うまでもありません。建物価格を左右する要素はたくさんありますが、今回は価格を抑えるために「メリハリ」を意識することの大切さをお伝えします。

外観やインテリアのどこにお金をかける?

せっかくマイホームを手に入れるのであれば、ご家族の理想を詰めこみたいですよね。自由設計の注文住宅であればなおさら、好みのデザインや住宅設備を最大限、取り入れたいと考えるものです。ただ、このとき全ての場所を理想通りにしていくと当然、建物価格は上がっていく一方です。

おすすめなのは、お金をかける範囲や場所にメリハリをつけること。

例えば床材について、オプションでこだわったものを使いたい場合、全ての部屋ではなくリビングだけにする。家族が最も長く過ごす場所には上質なものを採用して、過ごす時間が短い場所と差をつける方法です。1階と2階で分けるケースは多いですが、1階でも場所によって床材を変えて、価格を抑えられる場合があります。

また、外壁も価格を左右する幅が広いところ。ニッケンホームのトリプル断熱の家を実現する高性能なパワーボードは、たくさんのデザインパネルが用意されているのも魅力ですが、実はフラットパネルと呼ばれる装飾のないタイプもあります。外壁全てをデザインパネルにすると価格が上がるため、こちらも外観上目立つ場所にデザインパネルを配して、周囲から見えない場所はフラットパネルにするという方法があります。

 

子ども部屋の工夫

建物がコンパクトになるにつれ、子ども部屋も小さめにつくるのが最近の傾向です。リビングにスタディコーナーを設ける家も多く、また将来の独立を考えても、使う期間が限られている子ども部屋を簡素なものにするケースは多くあります。

もちろん、ただ簡素にすれば良いというものでなく工夫も大切。最近の実例では、クローゼットのスペースは設けるけれど扉をつけないという家がありました。扉にかかる材料・施工コストを抑えられるほか、物を出し入れしやすくなり、開閉スペースがない分を有効活用できるというメリットも生まれます。中が見えるため、乱雑に収納するのではなく、整理整頓する習慣も身に付きそうですね。

ニッケンホームのモデルハウスでも扉がないクローゼットの雰囲気をご覧いただけます。

注文住宅をご検討の際はぜひ、メリハリをつけることも意識してみてください!

 

スタッフブログ一覧を見る