スタッフブログ

営業部
2021.03.16

玄関を選ぶ際のポイント

こんにちは、ニッケンホームです。

毎日使い、外観にも大きく影響する場所、それが玄関です。
機能性とデザイン性が求められる玄関ですが、家づくりの際はどのような点に意識すると良いのでしょうか。

 

玄関の種類

玄関にはいくつか種類がありますが、ここでは代表的なものをご紹介します。

玄関ドア・片開き
最もスタンダードなのは片開きの玄関ドアですね。
1枚のドアが左右どちらかに開閉するタイプで、間口が広くとれない玄関に適しています。

玄関ドア・親子ドア
ドア本体と子ドアの2枚で構成する親子ドアは、必要に応じて子ドアを開閉することが可能です。
車椅子を使う場合や大きなモノを運ぶときだけ子ドアを開けるなど、間口の広さを変えられるのが便利ですね。

玄関ドアはデザインが豊富なのも魅力。
片開き、親子ドア以外にも片袖FIX、両袖FIX、両開きなど、さまざまな種類があります。

 

引き戸・スライディングドア
左右にスライドして開閉する引き戸・ドアです。
玄関ポーチのスペースを有効利用できるのがメリット。
ビルトインガレージなど、玄関前に車などを置く場合にも有効ですね。
横にスライドして開閉するので、ベビーカーを押したままでも安心。
風が強い日でも、煽られてドアが急に閉まる心配がありません。

 

外観上の大きな要素

建物全体のイメージに直結する玄関ですが、外観デザインのアクセントとして取り入れることもできれば、玄関を中心にして外観デザインを構成していくこともできます。
施工事例などを参考にしながら、玄関も含めた建物全体のイメージを持っておくと良いでしょう。

 

注意したいこと

玄関はさまざまなデザインがありますが、採光や通風のため、部分的にガラスが使われているものもあります。
ガラスの大きさや種類(透明ガラス)によっては、防犯やプライバシー上の懸念もあるため、慎重に選ぶようにしましょう。

玄関の鍵をIoT化したスマートロックは、スマートフォンなどを用いて施錠・解錠、遠隔操作できるため便利ですが、機器がしっかりと連携して機能しなければ意味がありません。
ご希望される場合は、事前に相談しておくと良いでしょう。

玄関に関してご不明な点、気になる点がありましたら、ニッケンホームのスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

スタッフブログ一覧を見る