1. HOME
  2. 住まいづくりのコラム
  3. 住宅選びのポイント
  4. 注文住宅にするなら考えておきたいコンセントのこと

住まいづくりのコラム

納得の住まいづくりに
役に立つ情報をお届けします。
家づくりの参考に是非お役立てください。

注文住宅にするなら考えておきたいコンセントのこと

注文住宅の魅力は、なんといっても自分達の理想の間取りや設備を住宅に反映できるという点です。しかし、その自由さが仇になって思わぬところで苦労してしまったり、後から不便な点が出てきてしまったりすることもあります。なかでもよく見られる失敗例がコンセントです。このページでは、注文住宅を建てる際に覚えておきたい、コンセントの数や配置場所について解説していきます。

必要なコンセントの数と用途を事前にリストアップしよう

家電を使用する際、「ここにコンセントがあったらいいのに」と考えた経験がおありの方もいるのではないでしょうか。注文住宅を建てるとき、意外と多い失敗が"コンセントの数が足りなかった"という事例です。注文住宅を建てる際は、ついつい間取りやそのほかの設備にばかり気を取られがちです。それゆえ、コンセントは重要な設備でありながら忘れ去られることもあります。だからこそ、必要になるコンセントの数を明らかにしておくことが大切です。

まずは、リビングルームにある"コンセントを使用する家電"をリストアップしてみましょう。ざっと思いつくのが、テレビ用、DVDプレイヤー用、無線LAN子機用、掃除機用、スマートフォンの充電器用などのコンセントです。もちろん、個人の生活スタイルによって必要となるコンセントの用途や数は違ってきます。どれだけの数のコンセントが必要か、そのコンセントは具体的にどの家電に使うのか、といった点を一度冷静に見直すようにしましょう。一通りリストアップしたら、そのなかから最低限必須の"常時使用するコンセント"の数を把握していきます。そこに"必要なときだけ使用するコンセント"の数を足して、総合的なコンセントの数を割り出していきます。

コンセント配置で実践していきたいポイント

コンセントは、家電の使い勝手を左右する重要な設備です。そのため、コンセント配置の把握が不十分だと、「コンセントの位置をきちんと考えておらず、家具で隠れてしまう場所につけてしまった」、「低すぎる位置にコンセントを配置してしまったため、使いづらい」といった問題が起こる可能性があります。
注文住宅なら設備に関する要望をそのまま反映することができるので、コンセントの配置にこだわって快適な設備の家にしていきましょう。以下のポイントに注目してコンセントの配置を決めていくと、より快適に家電を使用することができます。

・キッチン用品のコンセントは水がかからない場所に
ミキサーや電動泡立て機といったキッチン用家電のコンセントは、水がかからない安全な場所に配置しましょう。吊り戸棚などにコンセントを配置することで、水濡れから守ることができます。くわえて、コンセントの配線もすっきりとまとめることができます。吊り戸棚の高さとコードの長さが適切かどうか、そういった確認を行ってからコンセントを配置するようにしましょう。

・床面にコンセントを配置する
広いリビングルームだと壁面が少なく、コンセントの位置が遠くなってしまうことがあります。その結果、延長コードや三角タップなどの機具を使うことになり、これがタコ足配線に繋がってしまうこともあります。そうならないためにも、床面にコンセントを配置することを検討しましょう。床面にコンセントを配置すれば、無理にコードを伸ばしたり、コードとコードを繋げたりする必要がありません。したがって部屋をすっきりと見せることができ、タコ足配線を防ぐことができます。ポップアップ式のコンセントであれば蓋によって開け閉めすることが可能なので、使用していないときにも邪魔になりません。

・掃除機用のコンセントは高い位置に配置する
コンセントを配置する場所といえば、床から数十センチ程度の低い位置であることが一般的。テレビやDVDプレイヤー用のコンセントであればそれで十分ですが、掃除機を使う際にコンセントが低すぎる位置にあると何かと不便に感じることもあります。掃除機を使うとなれば、必然的にコンセントの抜き挿しをしながら部屋を移動することになります。結果、腰を屈めるような動作を何度か繰り返すことになり、体に負担がかかってしまうのです。しかし、掃除機用コンセントを床から1メートル20センチ程度の高い位置に配置することで抜き挿しがしやすくなり、おっくうな掃除機かけの作業がぐっと楽になります。

これらのほかにも、コンセントを配置する際に押さえておくべきポイントはいくつかあります。ケーブル配線の状態を考慮したり、キッチン周辺やパソコン周辺など各部屋の設備を考慮したりして、コンセントの配置計画を進めていきましょう。

コンセントの数や配置を意識するだけで快適度が変わる

いかがでしたか。コンセントの数や配置にこだわれば、家電を快適に使用できるようになります。注文住宅となると、キッチンの設備や浴室の設備といったほかの部分にばかり目が行きがちですが、コンセントといった細かい設備にもしっかり目を配るようにしましょう。

住まいづくりのコラム一覧へ戻る

カタログ無料プレゼント!

ニッケンホームの
家づくりがわかる
商品カタログ&施工事例集!

ニッケンホームアプリのご案内

  • スタンプ集めて景品ゲット
  • イベント&最新ニュースをリアルタイムでお届け
  • いつでも気軽に施工例を見ることができる

App Store/Google playから「ニッケンホーム」を検索してください。またはQRコードよりダウンロードしてください。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード
Copyright (c) Nikkenhomes. All rights reserved.