ニッケンホーム

  1. HOME
  2. 住まいづくりのコラム
  3. 太陽光発電住宅
  4. 太陽光発電のメリットって?

住まいづくりのコラム

納得の住まいづくりに
役に立つ情報をお届けします。
家づくりの参考に是非お役立てください。

太陽光発電のメリットって?

現在、日本では火力発電、原子力発電をはじめとして、様々な発電方法が採用されています。
火力発電や原子力発電は、多くの電力を生産することができる発電方法です。しかし、資源に限りのある"有限エネルギー"を使用しているため、いずれ資源が枯渇したら発電ができなくなるというデメリットがあげられます。
そのため、現在は、太陽エネルギーや風力エネルギーなど、枯渇することのない自然エネルギーによる発電方法の開発が進められています。
太陽光発電も、そうした開発を経て生まれた発電方法の一つです。ここでは、太陽光発電が持つメリットについて紹介します。

光熱費の削減

太陽光発電を会社や自宅に導入すると、自家発電をすることができます。太陽が出ている日中の間は、設置した太陽光パネルから電力を賄うことができるので、電力会社から供給される電気を使用するのは夜間だけで済みます。

なお、太陽光発電システムと同時に蓄電システムも導入した場合、停電時や夜間でも家の電力を賄うことができます。このシステムを導入することで日々必要な電力を全て太陽光発電で賄うことが可能になるため、日常生活の光熱費を大幅に削減することができます。

屋根塗装の費用を削減

太陽光発電によって得られるメリットは、光熱費の削減だけではありません。屋根の塗装にかかる費用も、削減することができます。
屋根は、雨や風などの影響で、自然と傷んできてしまいます。そのままにしておくと雨漏りの原因にもなってしまうため、10年前後をめどに定期的なメンテナンスを行わなければなりません。その際には、工事にお金がかかります。さらに、すでに雨漏りが起こっていた場合、その分の修理も行わなければならないため、大きな出費になることも。

しかし、太陽光発電で屋根に太陽光パネルを設置すれば、下にある屋根を雨や風から守ることができます。これにより、屋根の塗装剥がれを防止することができるので、屋根のメンテナンスにかかる費用を削減することができるのです。雨漏りの危険性もなくなるので、余計な費用もかからずに済みます。

環境への貢献

太陽光発電は、自然エネルギーである太陽光を使った発電なので、化石燃料を使用した発電のように大気汚染をすることがありません。二酸化炭素を排出しないため、とてもエコな発電方法だといえます。

補助金制度

各都道府県や市町村では、太陽光発電を導入する人に対して補助金制度を用意しています。どのくらいの電力を発電できるのかにより異なりますが、太陽光発電の電池量が3.5キロワットであった場合、名古屋市では87,500円、一宮市では70,000円の補助金を受け取ることができます。(2015年5月現在)

余った電力を売ることができる

太陽光発電システムで生産した電力は、電力会社へ売ることができます。
そのため、副収入を得ることが可能です。電力の買取制度には、「企業が生産した電力を買い取る場合」と、「家庭で生産された電力を買い取る場合」の2タイプがあり、前者と後者では適用される制度が異なります。

企業の場合
企業が生産した電力を買い取る場合は、「全量買取制度」が適用されます。これは、「生産した電力を全て買い取る」という制度。発電した分を全て買い取ってもらえるので、大きな収入を得ることも可能です。また、20年という長期に渡って固定単価で電力を買い取ってもらうという方法もあります。

家庭の場合
家庭で生産された電力の場合は、余った分だけ買い取ってもらえる「余剰電力買取制度」が適用されます。この制度は、必要な電力は家庭内で使用し、余った電力を買い取ってもらうというものです。日常生活に必要な電力を賄った上で収入を得ることができるので、家庭にとっては嬉しい制度といえます。現在、企業向けの全量買取制度では、売電申請が一部制限されています。しかし、家庭向けの余剰電力買取制度ではそういった制限が行われていません。

企業PRになる

最初に日本の企業が太陽光発電を導入したのは1958年頃。しかし、当時はまだ、環境問題に取り組む企業はほんの少数でした。その2、3年後には、環境問題に関心を持つ企業が増えていきましたが、それでも本格的な取り組みには至りませんでした。その後、2000年頃になるとようやく多くの企業が環境問題を社の大きなテーマに掲げるようになっていき、2012年頃には本格的な導入が開始されています。そして現在では、「環境への貢献」は、"企業の社会的責任"として考えられるようになってきています。そのため、企業にとって太陽光発電を導入することは環境問題へ取り組んでいることの証明になり、企業のイメージ向上に繋げることができます。

最後に

このように、太陽光発電を導入するにあたり得られるメリットは豊富にあります。太陽光発電の導入にはお金がかかりますが、補助金や上記のようなメリットを得ることができます。
一度設置すれば半永久的にその恩恵を受けることができるので、太陽光発電の導入は長期的に経済負担を減らす方法だといえます。

住まいづくりのコラム一覧へ戻る