住まいづくりのコラム

納得の住まいづくりに
役立つ情報をお届けします。
家づくりの参考に是非お役立てください。

住宅選びのポイント平屋住宅暮らし方
2020.01.08

ちょうど良いサイズ感が魅力の平屋住宅

戸建住宅は2階建や3階建の住宅が一般的です。その中でも近年、平屋住宅の人気が高まっています。2階建や3階建になると住宅の規模も大きくなりますし、住宅が広ければ広いほど建設にかかるコストが高くなります。

また、維持費も面積に応じて高くなっていきますし、毎日の部屋の掃除なども部屋が広いと手間が増えます。

平屋住宅は広さ・価格ともにお手頃で、快適に暮らせるということが人気となっており、30代の若手からシニア世代まで幅広い支持を得ています。

平屋住宅の魅力

平屋住宅の魅力としては、暮らしやすさやライフスタイルが家庭にマッチすることが一番ではないでしょうか。1階に生活空間がすべて詰まっているので、暮らしの中で上下階への移動がありません。外出するのにもお風呂に入るのもキッチンで料理をしようとした時も、上下階への移動がないので効率的な動線を得ることができます。

実際に体感してみないとなかなかわからないですが、動線がシンプルになるととても心地よく暮らすことができます。

また、階段の上り下りがないので、高齢になっても安心して暮らすことができる、子育てが終了したシニア世代からも人気が高いです。

平屋住宅の他の魅力としては、上下階への移動の視点だけでなく、空間を広々と使う設計ができるところも挙げられます。

階段による余計な死角を作ることがありませんし、廊下やドアを少なくして各々の部屋を繋げた住宅にすることもできます。開放感たっぷりな平屋住宅は、幅広い世代に人気です。

2階建の1階と2階でそれぞれの部屋のドアを閉め切ってしまうと、家族の気配は感じづらくなります。平屋住宅の開放感があれば、家族との会話やコミュニケーション、家族が家にいる気配を感じながら生活ができ、小さなお子さんがいる家庭でも目が届きやすく安心な住宅になるでしょう。

構造的に地震に強くなるメリットもあり

建物の高さが低い平屋住宅は、自ずと地震に強い構造となります。高さが高い住宅と低い住宅を比較すると、高い住宅の方が建物重心の位置が高くなります。

重心の位置が高ければ高いほど、地震が発生した時に住宅にかかる負荷が強くなりますので、平屋住宅の方が地震に強い構造となります。また、建物の階数が少ない方が建物の重量も軽くなりますが、建物の重量が軽い方が地震の負荷が小さくなります。そのため、重心の位置と建物の重量の2つの視点からも、平屋住宅は地震に強い構造といえるでしょう。

デメリットとしては、必要な広さの確保

魅力的で住みたいと考える方も多い平屋住宅ですが、デメリットもあります。それは、生活に必要な住宅の広さを確保できるかどうかです。

2階建や3階建の住宅であれば、上に伸ばして広さを増やしていけます。敷地が狭くても容積率が十分にある土地であれば問題なく住宅の広さを確保することができます。

一方で平屋住宅は、敷地の内で何%まで住宅を建てても良いかという、建ぺい率の範囲内で住宅の広さを考えなければなりません。街の中心部や商業地などであれば建ぺい率が高いエリアもありますが、郊外になると建ぺい率も低くなるので、平屋住宅で広さを求める場合は広い土地を購入しなければなりません。

土地を購入する際に希望の平屋住宅を建てることができるのか、土地を入手する前によく検討しなければなりません。

デメリットを補い、メリットを補完するニッケンホームの「1.5世帯住宅」

平屋住宅は、住宅を建てる土地の条件面でデメリットがありますが、その課題をクリアしつつ平屋住宅のメリットを生かすことができるのがニッケンホームの「1.5世帯住宅」です。1.5世帯住宅は、外観上の見た目は平屋ですが、平屋にプラスして2階の半分程度を部屋にする住宅です。

1階は平屋住宅と同様にリビングや寝室、風呂場、キッチン、洗面所など、一般的な平屋住宅と同じくワンフロアに生活空間を集約できます。その平屋住宅の屋根を勾配のある片流れにすることで、小屋裏空間を通常の部屋に近い形で有効活用できるため、住宅の面積を広げることができます。

この2階部分も使い方は色々とあり、例えば収納スペースとして活用すれば、1階部分には物を置くことがなく、すっきりとした空間にすることができます。また、半分を収納スペース、もう半分をゲストルームとすればお子さんが遊びに来た時や友人が来た時に利用することもできるでしょう。

1.5世帯住宅は、建てられる土地に制限が出てしまうという平屋住宅の弱点を補いつつ、ワンフロアに生活空間を集約できる平屋住宅のメリットも得ることができる効率的で理想的な新しい平屋住宅です。

住まいづくりのコラム一覧を見る

住宅選びのポイント 平屋住宅 暮らし方 についてのその他のコラム