ニッケンホーム

  1. HOME
  2. 住まいづくりのコラム
  3. 住宅選びのポイント
  4. プライベート空間のある中庭付きの住宅

住まいづくりのコラム

納得の住まいづくりに
役に立つ情報をお届けします。
家づくりの参考に是非お役立てください。

プライベート空間のある中庭付きの住宅

住宅を設計する時には、間取りをどのようにしようか皆さん悩まれることが多いです。
部屋数を多く確保したかったり、リビングを開放的な空間にしたかったり、家族との触れ合いを感じられる住宅にしたかったりと、家庭によって住宅に求めることはそれぞれ異なるでしょう。
室内を明るく開放的な空間にしたい場合、中庭を設ける方法があります。中庭があると日光を室内に取り入れることができるので、とても明るい家を作り出すことができます。また、完全にプライベート空間になりますので、開放的であっても外からの視線を気にする必要はありません。小さなお子さんがいる家庭であれば、中庭で安全に遊ばせることもできるので安心です。

プライベート空間が特徴的

近隣の住宅と距離が近い場合でも中庭はオススメです。隣地との距離が近い場合、開放的な住宅にすると周囲からの視線や人の気配が気になってしまいます。
また、一般的なお庭であれば、道路や近隣の住宅からの視線はどうしても感じてしまいます。塀があったとしても、通行人や車、近隣住宅との距離が近いので気になってしまうという面があります。
中庭であれば洗濯物を干すのも、子供たちがプールで遊ぶのも周囲からの視線を気にしなくても良いので安心です。

中庭を作ることで、開放的であってもプライベート空間を保つことができるので、住宅が密集しているエリアや隣の家が近い場合は適している間取りと言えるでしょう。
さらに、中庭であれば窓を開放していても防犯面を気にする事はありません。道路に面している窓であれば、開放しておくのも心配になりますが、中庭の窓であれば壁に囲まれた空間のためセキュリティ面も安心です。
掃除をする時なども気兼ねなく窓を開け放って作業ができますし、空気の入れ替えも容易にすることができるので、さわやかな室内を作ることもできるでしょう。

明るい室内が魅力

中庭を設けると光を多く取り込むことができますが、窓から直接入り込む日差しよりも柔らかい光を演出できます。窓を大きく取ることでより多くの光を取り入れることができます。
中庭に植栽をすることで、さらに自然な光を演出することができるでしょう。また、植栽があれば、窓からの風景をより魅力的にすることも可能です。
1本のシンボルツリーを植栽してシンプルモダンなテイストにしたり、小さな庭を設ける場合もあります。趣味のガーデニングや家庭菜園を行うスペースとして活用するのも魅力的です。
キッチンに中庭が面していれば、ハーブや野菜を育ててから手軽に収穫してそのまま調理することもできます。室内に近い自然を作ることができますので、季節の変化も身近に感じることができるでしょう。

ウッドデッキでリゾート感のある中庭に

中庭にウッドデッキを設けることも魅力的です。ウッドデッキが敷かれた中庭は、素足で出れば木のぬくもりも感じることができますし、見た目も自然を感じることができます。部分的にウッドデッキをくり抜いて植栽をすれば、おしゃれな空間を作ることができます。
大きな掃き出し窓を設置すれば、窓を全面開放することで中庭のウッドデッキと室内空間を繋げることができます。椅子やテーブルを設置すれば、リゾート感のある中庭になります。また、庇を設置しておけば、椅子やテーブルなどを雨から避けることもできますし、日差しを適度に抑えることもできるので快適に過ごすことができます。

定期的に手入れを行うことが必要

中庭の魅力はたくさんありますが、定期的な手入れを行うことが不可欠です。
ガーデニングや植栽を行っているのであれば、植物の手入れが必要です。また、芝生を敷いていれば手入れをしなければ伸び放題になってしまいます。見た目も悪くなりますし、芝生や雑草を放置していれば、虫も多く発生してしまいます。
植栽をしていれば、樹木にもよりますが秋に落ち葉の発生もあります。それらを綺麗に手入れしなければ、中庭の美しさを維持することが難しいです。
中庭がある場合は、住宅の設計上、窓を大きく取り中庭を魅せる設計にすることがほとんどです。手入れがされていない中庭はとても目立ちますので、定期的に手入れを行う自信がない方は中庭を設置しない方が無難かもしれません。また、手入れを行う頻度を少なくする方法として、ウッドデッキを設けたり芝生を敷かずに石を敷いたり、比較的、メンテナンスが楽な設計にするのも一つの方法です。

住まいづくりのコラム一覧へ戻る