スタッフブログ

家づくりのこと
2022.05.05

照明計画で理想の部屋を

こんにちは、ニッケンホームです。

自由設計の注文住宅を建てる際、取り付ける照明の種類や場所をプランする照明計画」が必要となります。
照明は家が完成してから考えれば…とお考えの方もいらっしゃいますが、それでは想定外の問題が発生する可能性もあります。インテリアを構成する重要な要素であり、暮らしやすさにも直結するので、事前に意識しておくようにしましょう。

照明の種類

照明にはさまざまな種類があります。

シーリングライト
天井に直接取り付ける主照明

ペンダントライト
チェーンやコードで吊り下げる照明

ダウンライト
天井に埋め込む照明(主照明/補助照明)

ブラケットライト
柱や壁に取り付ける補助照明

フットライト
床近くに取り付けて足元を照らす照明

 

ご要望をお伝えください

実際の家づくりの際、特にご要望がない場合は間取りに合わせた照明計画をご提案します。

リビング、ダイニング、キッチン、寝室、廊下、玄関など、場所によって照明の役割は異なるため、種類や光量、配置などをプロがプランニング。
特にご要望がない場合はシンプルなものとなりますので、「主照明としてダウンライトを取り付けたい」「部屋によって照明の色を変えたい」「間接照明がほしい」など、理想とする照明のイメージがある方はインテリアコーディネーターとの打ち合わせの際にお申し付けください

照明計画を考えるときに大切なのは、部屋の使い方を想定すること
その部屋でストレスなく過ごすために、どのような照明が必要となるか考えるのが重要です。特にデスクワークや作業が発生する部屋などは、十分な明るさを確保しておくことが大切ですね。

最近は個性的な照明を採用する実例も増えています。
照明は持ち込みも可能ですが、特殊な製品はプラグの変更が必要だったり、重量があれば下地を入れる必要があったりするので、ご希望がある場合は事前にお伝えいただくと良いでしょう。

スタッフブログ一覧を見る