東海市で家をお考えの方株式会社日建ホームズへ

豊かな四季に恵まれた日本。自然の移ろいは美しく、気持ちを和ませてくれるものの、暑い夏や寒さの厳しい冬、湿気の多い梅雨などを、いつも快適に過ごすためには、知恵や工夫が必要です。
夏は涼しく、冬は暖かく過ごすためには、家の「断熱」が欠かせません。
ところが、断熱の方法によっては、風通しが悪くなって結露を招き、構造材が腐りやすくなったり、カビやダニが発生してシックハウスを誘発することもあるのです。

ニッケンホームでは、こうした問題を克服しながら、夏は涼しく、冬は暖かく、通気性があって、家族が健康で心地よく過ごせる家を追求してきました。その結果たどりついたのが、外断熱や24時間換気システム、遮熱高断熱Low-E複層ガラスの採用といった方法(パワーMAX仕様)です。

外断熱だから結露せず、カビやダニを寄せ付けない

ニッケンホームの家は、外断熱。断熱の方法は大きく分けて内断熱と外断熱がありますが、家の内側の壁を断熱する内断熱の場合は外気の影響を受けやすく、結露によるカビやダニの発生から、シックハウスを招きやすくなってしまいます。

いっぽう、外断熱は住宅を外側から断熱材ですっぽり包み込む方法。室温の変動を抑えられるため、室内が結露しにくく、カビやダニの被害を抑えられるのです。

断熱材は、断熱性能が高く、環境にも配慮した素材でできたネオマフォームを使用。
さらに、外壁材にも断熱性能のあるパワーボードを使用しています。

断熱材 ネオマフォームをもっと詳しく知る

24時間換気システム(熱交気調システム)で、健康・快適な室内空間に

シックハウス症候群やカビの発生を抑えるために、もう一つ欠かせないのが室内の換気です。ニッケンホームでは、外の汚れた空気が室内へ侵入するのを防ぎ、室内空気を循環させることで、常に新鮮な空気を取り込む24時間換気システム(熱交気調システム)[PM2.5対応]を採用。優れた集じん効率で花粉・粉塵・ウィルスなどをカットします。
また、住宅の基礎や壁の部分の空気の流れをよくして湿気を逃し、快適な室内を保ちながら、住宅の耐久性にも配慮しています。

Low-E複層ガラス(アルゴンガス入り)で、夏を涼しく、冬を暖かく

窓ガラスは、夏の強い日差しをカットする、遮熱高断熱Low-E複層ガラスを使用。
紫外線もカットするため、日焼けの予防にもなります。
また、外側と内側のガラスの間には、空気よりも断熱性の高いアルゴンガスを封入し、断熱性を向上させました。
冷暖房の効率もよく、夏は涼しく、冬は暖かい室内を実現します。

お電話でも受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。0120-24-9292

ページの先頭へ