1. HOME
  2. 暮らしで選ぶ
  3. 3階建ての家

3階建ての家 狭い土地を生かしきり、個性あふれる魅力的な家が作れる三階建ての家!

3階建ての家・狭小住宅のメリット

家を建てるならできるだけゆとりのある土地に…と誰しも考えます。
でも、実際の暮らやすさを考えた場合には、駅に近いなど利便性の高い土地がやはり人気があります。
こうした土地は地価が高いので、望む広さが購入できるとはかぎりません。!
ですが、今は狭い土地を最大限に活用できる建築技術があります。
3階建てにすれば、狭い土地であっても希望する広さの建物を建てることが可能ですし、3階建てならではのメリットもあります

3階建てのメリット1 敷地を有効活用できる!

狭いけれど気に入った土地、利便性の高い土地を最大限に活用できます!

駅から近いなど、土地の魅力が高い場所は地価も高めですから、十分な広さを購入できないこともあります。
そんなときに活躍するのが、3階建ての家。建物を縦に高くすることで床面積を増やし、希望の家を建てることができます。狭い土地だから小さな家しか建てられないというのは昔の話。今は建築技術の進歩により、狭い土地であっても、広い土地に建てるのと同じくらいの大きさの家を建てることが可能です!

3階建てのメリット2 3階建てならではの個性的な家が作れる!

建物の階数が多いぶん、機能的・実用的・個性的な家が建てられます!

3階建ての家ならではの機能性も期待できます。3階建ての家は1階当たりの床面積が狭いので、各フロアを用途別に使い分けることで、とても便利な家にすることができます。
たとえば、1階はガレージにして、2階をリビングに、3階を個室に。1階をオフィスとしてオープンスペースにし、2・3階をプライベートな居住空間にすることもできます。アイデア次第で自由な空間設計ができ、個性的な家にすることができます。

3階建てのメリット3 よい景観を手に入れられる!!

他の建物よりも高い3階建てだからこその景色と採光を、思う存分楽しめます!

戸建て住宅の場合、せっかく大きな開口部を作ってもすぐ隣に家があったり、道路に面していたりすると、窓を開け払って景色を楽しむことができません。採光も悪くなりがちです。この点、3階建ての家は他の住宅よりも1階分高いので、周りに家があっても大丈夫。プライバシーを気にせず、カーテンや窓を開けて景色を楽しむことができ、採光や風通しも確保しやすくなります。建物の大きさも気にならなくなります。

施工プラン

1階には駐車スペースを設け、玄関には土間収納も設置。
部屋は広々ウォークインクローゼットがついた7.5帖の洋室があります。
メインの居住スペースは2階となり、18帖LDKはオープンキッチンで開放的な空間に。
キッチン横にはパントリーがあるので、調味料や調理器具、食器類などをスッキリ収納することができます。
3階は洋室が3部屋あるので、お子様の成長に合わせてプライベートも考慮されています。
2階と3階にもあるインナーバルコニーは、雨の日の洗濯物干しなどに役立ちます。

  • 1階面積

    46.37m²(14.05坪)

  • 2階面積

    46.38m²(14.05坪)

  • 3階面積

    43.06m²(13.05坪)

  • 延べ床面積

    135.81m²(41.15坪)