パッシブデザイン

パッシブデザインとは?

太陽の熱、光、風、水といった自然の力を最大限に生かし、建物の構造や性能を 工夫することで、住宅が持つ基本性能を高め、心地よい住まいづくりを実現する 設計手法のことを言います。光熱費を抑えながら、健康・快適な住まい、 それがパッシブデザインの目指す家づくりです。

パッシブデザインの基本要素

断熱

断熱

家の断熱性が高くないと、いくら冷房や暖房を使っても、室内の熱が外に逃げてしまい、部屋全体が快適な温度を保てません。
また、断熱性を高めることによって、無駄なエネルギー消費が抑えられ、光熱費削減にもつながります。

断熱

日射遮蔽

日射遮蔽

夏場は陽の光が室内に入ることによって、室温が上昇します。
軒や庇、袖壁などを利用して、真上から差す夏の暑い日差しを遮ることで、熱中症を防ぎ、冷房をかけすぎなくても過ごしやすい家になります。

日射遮蔽

日射熱利用暖房

日射熱利用暖房

冬場、南側の窓辺は太陽光が暖かく注ぎ込みます。
窓を大きくすることによって、太陽光を取り込み、室内を暖かくします。

日射熱利用暖房

通風

通風

心地よい季節には外気を取り入れて風を感じる生活を。
風の入口と出口をつくり風の通り道をつくることがポイントです。
建物内の空気は、低い位置から高い位置へと移動します。
それを考慮して窓の大きさや配置を工夫すれば、家の中に効率よく風を通す事ができます。

通風

採光

採光

季節や時間によって太陽の向きや高さは異なります。
窓の配置を工夫したり、吹き抜けや高窓を設置することで自然光を上手く室内に取り込み、明るい部屋にすることができます。

採光

結露対策

結露対策

昔から伝わる打ち水の知恵。水分が蒸発する際の気化熱によって涼しい空気を誘います。しかしながら窓辺に起こりがちな結露には要注意。結露が原因で発生したカビによって健康を損ねることも。
高性能な窓を取り入れることで、水と上手につきあい、快適な暮らしを目指します。

結露対策

ニッケンホームのおすすめは
パッシブZEH

ニッケンホームのおすすめはパッシブZEHニッケンホームのおすすめはパッシブZEH

自然の力を生かして省エネルギーを実現するパッシブデザインと、太陽光発電などの創エネルギーで実質的に消費エネルギーをゼロ以下に抑える住宅(ZEH)を融合させた快適な住まい、それがニッケンホームのご提案するパッシブZEH。
身体的にも経済的にもゆとりある家づくりを目指します。