名古屋市で家をお考えの方株式会社日建ホームズへ

地震に強い家

6面体で支えるモノコック構造だから地震に強い

床・壁・屋根が一体(モノコック構造)となったツーバイフォー住宅は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散・吸収し、荷重が一部分に集中する事を防ぐため、地震に対して抜群の強さを発揮します。
また床・壁・屋根に使用されるパネル自身もツーバイフォー住宅の優れた耐震性の源になっています。
建物の床や天井を形成する六面体は外からの力を分散するとともに、建物のネジレを防止し、建物の変形や倒壊を防ぐ機能をもっています。

揺れを面全体で受け止めるツーバイフォー住宅

ツーバイフォー工法の特性を確かめるためにツーバイフォー住宅と在来鉄骨軸組工法による住宅に、それぞれの建物の重さに比例した力を加えて、その伝わり方を比較したものです。
色が黄・赤に近いほど負荷が大きいことを示します。

ツーバイフォー住宅

枠組みされた木部材と構造用合板が「面」となって揺れの力を受け止め、分散・吸収していることがわかります。

在来鉄骨軸組工法の住宅

加えた力が柱や接合部などに集中。部分的に負担がかかりやすい構造であることがわかります。

実験結果からも分かる「ツーバイフォー住宅の耐震性の強さ」


3階建て実大建物の3次元振動台実験

現2×4住宅がなぜ地震に強いのかを工学的に解明するため、構造強度が2階建てよ
り厳しい3階建て住宅による3次元振動実験を行いました。
本震阪神・淡路大震災時の震度7の地震波、その後に余震が来ることを想定し新潟
中越地震の震度6強の地震波を再現しました。
実験の結果、2度に渡る加振で、転等防止策をしていない家具は大きく移動したが、建物の外壁や室内に大きな損傷は見られず、改めて2×4住宅の耐震性の高さを実証することができました。

見えない部分でも耐震性を支える「クギ・ネジ・緊結金物」

ツーバイフォー工法には専用の釘が用意されています。
また、釘打ちされる材の種類によって使用する釘の種類も定められていて、使用する箇所、間隔、打ち方、使用本数にい
たるまで細かく明確に規定されています。
構造体の接合部分は全て金物や釘、ビスを使ってしっかり緊結されているので、地震や台風の際も大きな被害にいたりま
せん。一般的な住宅(110)に使用される釘・ネジの本数は約8万本、330という膨大な量になります。また、緊結金物
も一棟(同)に約400個、180にもおよび、これらが人目につかないところで重要な役割を果たしています。

家具の転倒を防ぎより高い安全性を確保 パワーガード


耐震と制振の二つの性能を持つ
制振装置 パワーガード

ここ数十年間の地震に対する建築思想といえば、まず第一に地震の水平方向にかかる力に抵抗し、変形し難い強固な構造の建物にすることを目指した「耐震工法」が挙げられます。
しかし、この工法は建物が破損しない分、地震の揺れに敏感に反応するため、建物内にいる人や家具の転倒等による2次災害までを考慮したものではありませんでした。
次に高層ビルなどで用いられる地震などの震動を上部構造に伝えないようにする「免震工法」がありますが、非常にコスト高になることが難点でした。
そこで新たに誕生したのが、木造住宅の特性を最大限に生かす「耐震と制振」の2つの作用を併せ持った制振装置「パワーガード」です。

現行の耐震方法

今までの耐震工法では、建物を強くするばかりで揺れを抑える事に関しては、あまり重視されていませんでした。
揺れた時、大きく振動し立っていられなくなり、家具などの転倒を招きます。

制振工法(パワーガード)

パワーガードを装着した建物では、揺れを制御することが出来るため、家具の転倒を防ぐことができ、室内にいる人のより高い安全性を確保することが出来ます。

お電話でも受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。0120-24-9292

ページの先頭へ