愛知県・岐阜県の注文住宅・新築一戸建てはニッケンホーム

2015.07.17

人気急上昇!コンパクトハウスの魅力

皆さんは、"コンパクトハウス"をご存知でしょうか。
これは、限られた大きさの土地のなかでも快適な生活を送ることができるよう設計された住宅のことを指します。コンパクトハウスは、建設にかかる費用が比較的安価であることから"ローコスト住宅"としての一面も持っており、高く注目されています。

コンパクトハウスの魅力

コンパクトハウスにはさまざまな魅力があります。ここでは、なかでも代表的な5つの魅力をご紹介します。

1.ローコスト住宅である
コンパクトハウスはその名の通り、一般的な住宅に比べサイズが小さく、狭い土地に建設できる特徴があります。住宅を建築する土地が狭いと、建築にかかる費用が安くなります。 また、住宅の建築予定地が小さいと、"国定資産税"や"都市計画税"などの土地にかかる税金の負担を抑えることも可能です。このようなことから、コンパクトハウスはローコスト住宅であるといえます。

2.申請費用を安く抑えることができる
住宅の設計が定まったあと、住宅そのものが法に則った正しい建物であるかどうかを確認する"建築確認申請"を行う必要があります。これは、建設業者ではなく、依頼した本人が行わなければなりません。また、住宅の工事が終了した際は、完了検査申請を行う必要があります。
税金同様、申請にかかる費用にも住宅の建設予定地の大きさが影響しています。小さければ小さいほど費用の負担は軽くなるため、コンパクトハウスは申請または登記にかかる費用までも抑えることができるのです。これは、ローコスト住宅としての一面を持つコンパクトハウスならではの魅力といえます。

3.理想的な住宅にしやすい
コンパクトハウスは、建築費用が比較的安価なローコスト住宅です。その分、費用をその他の施工にまわすことができます。これにより住宅内の設備やデザインなどを理想へと近づけることができ、見た目と住み心地の両方に満足できる、理想のコンパクトハウスを建築することができます。

4.光熱費が安価である
コンパクトハウスは、月々の光熱費も安く抑えることができます。電気料金の契約は住宅の広さで算定されるため、小さな住宅だと必然的に安くなるのです。この魅力も、ローコスト住宅であるコンパクトハウスならではといえます。

5.細かいところまで目が届く
大きな住宅の場合、どこに何が収納されているかわからなくなったり、隅々まできれいに掃除することができなかったりすることがあります。しかし、コンパクトハウスの場合は敷地面積が小さいため、細かいところにまで目が行き届くようになります。これにより、あらゆる物をうまく収納することができ、かつ、住宅内全体をきれいに掃除することができるため、過ごしやすい快適な住環境を確保することができます。

コンパクトハウスを建築する際のポイント

上記のように、コンパクトハウスはローコスト住宅であることから、さまざまな魅力を持っています。しかし、建築の条件によってはこれらの魅力が打ち消されてしまうことも。コンパクトハウスを建設したいと思った場合は、土地と周辺の環境をしっかりと確認することが大切です。

■土地
土地に面している道が狭いと、コンパクトハウスを建築する際に使用する資材を置くスペースが確保できない場合があります。資材を置くために別の場所を用意したり、資材を運ぶためのトラックを用意したりなどすると、建設以外でコストがかかってしまうことが考えられます。また、コンパクトハウスは道の狭い住宅街に建設されることが多く、そうなると駐車場の利便性に問題が生まれます。家のなかに駐車場を作ると、狭い道では車を何度も切り返さなければならないからです。
このようなトラブルを回避するためにも、コンパクトハウスを建てようと考えている方は、その土地が建設に見合っているかどうかをしっかりと確認することが大切です。そうすれば、スムーズかつ低コストで建築を進めていくことができます。

■周辺の環境
コンパクトハウス建築予定の土地そのものだけでなく、周囲の環境を確認しておくことも大切です。 コンパクトハウスは小さな土地でもうまく活用することができるため、すでにある住宅と住宅の間に建設されることが多くあります。この場合、自然と隣の住宅との距離が近くなってしまいます。距離が近ければ近いほど、自らの住宅から出るエアコン室外機の音やテレビ音などの騒音は、隣の住宅へ伝わりやすくなります。そのため、この場合は隣近所に迷惑をかけないよう、防音・遮音工事を施す必要があります。
しかしそうなると、せっかくのローコスト住宅なのに工事料金が高くなってしまいます。コンパクトハウスのローコスト住宅という一面を無駄にすることがないよう、建築予定地の周辺の環境まで、しっかりと確認するようにしましょう。

多くの魅力を持つ注目の住宅スタイル

ローコスト住宅であるコンパクトハウスは「住宅の建築費用を抑えたい」という方や、「小さな家に住みたい」という方におすすめです。建築費用が抑えられる分、住宅の内装や外観に自分の理想を取り入れることができるため、より楽しく快適な暮らしを手に入れることができます。
コンパクトハウスは現在、若者を中心に人気の住宅スタイルとして注目を高めています。住宅の建築を考えている方は、コンパクトハウスもひとつの候補として、ぜひ検討してみてください。

住まいづくりのコラム一覧へ戻る